ネコティアス<弊社コンサルタント>のひとりよがり時事コラム

2011年06月01日

ネコティアス
内閣不信任案−これは「政局」ではない。

「菅直人への個人攻撃」に打って出さすほど菅直人の決断は官僚と大企業に脅威を与えた。
そして国民に希望を与えるものであることを認識すべきである。

 

 

今日にも「菅内閣 不信任案」が国会に提出されるそうである。
提出するのは自民党と公明党だそうだ。
理由は「この国家的難局を乗り越えるのは単細胞な菅直人ではダメで、国益と国民の事を真剣に考える政治家がかじ取りをすべきだ」ということらしい。


【ア】なぜ菅直人ではダメか?

  • 物事を誰にも相談せずに勝手に決めてマスコミに言うから。
  • メルトダウン寸前の原発に注水するべきか止めるべきか正しい判断ができなかったから
  • 震災の復興が遅々として進まないため。
  • 国難に際して菅ではだめだと小沢も鳩山も経団連もマスコミもそれに乗せられた無思考の国民が言うから。

何とも頼りない理由である。


【イ】ならばこれならどうか?

  • 小沢と鳩山を無視するから。
  • ダメ官僚を排除しようとするから。
  • 東京電力に責任を取らせようとするから。
  • 経団連の会長が何を言っても信念を通すから。
  • 浜岡原発を止めて中部電力とその補助金に頼っていた人々に損をさせたから。
  • エネルギー政策を一から見直すと言って原子力発電利権に群がる企業と政治家と官僚を震撼とさせたから。
  • 自説に拘らず、新たな理屈に納得すれば、新しい取り組みができるから。
  • ひょっとしたら歴史に名を残す日本のリーダーになる目が出てきたから。


【ウ】だんだん真実が見えてきた!

  • 菅直人は会議や根回しと言った「時間だけ経って結局は何も起こらない」これまでの手法を止めて、唯一日本社会で変革を起こしうる、「リーダーが決定して下命する」という正しい手法を採用している。
  • その結果、これまで日本を思うままに動かしてきた、官僚組織と大企業に対して大きな不安を与えてしまった。 そして彼らはこのままでは菅直人が国民の社会変革への大きなうねりを形作る可能性を垣間見るにおよび、菅直人の抹殺を計画した。
  • それを単なる「政局」に見せるために、「与党返り咲きを夢見るおこちゃま谷垣」、「やはり自民と一緒に与党に戻りたい公明党」、「官僚に不起訴にしてもらった小沢」、「これも官僚に脱税を不起訴にしてもらった鳩山」などを操っているということだ。操られているだけのお歴々が、政策も方策もないくせに我こそ日本を救うなどと少しでも考えているとすれば、付ける薬がない。


【エ】これが真実である理由は簡単である。

  • 今回の政局には「政策論争など全くない」
  • 次の政府の枠組みなど誰も言わない。
  • 次の首相がだれかなど誰も言わない。
  • 大まかな震災対策や経済対策や外交政策でどの党も大きな政策の違いなど顕在化していない。
  • 財界の一部が個人攻撃発言を繰り返している。
  • 官僚組織は強力な首相が出現すればその力を絶たれる事を改めて学んでしまった。


今回の政局は「官僚と大企業とバカな政治家」による「菅直人への個人攻撃」というのが真実である。

これが成功するれば「日本崩壊時計の針はまたもや進んでしまう」事になる。

改革派などと思われている、河野太郎や小泉進次郎は今動かなければいつ動くのか?!
誰も動かなければ「菅直人」以外にリーダーはいない事になる。

 



以 上
prev index next
Copyright © 2000 CMD Co., Ltd. All rights reserved.